どうせ住むなら新築一戸建てに

学生から社会人になり、それなりに仕事を続けてきたあなたは、結婚し、家族ができて賃貸マンションでは手狭になってきたと感じているかもしれません。お金の蓄えもそれなりにでき、また30歳を過ぎてそろそろ人生の折り返し地点というところで、これからの人生の過ごし方を考えているところかもしれません。そんなときふと、新築一戸建てに住んでみたいと思い浮かびます。これまでも何度もCMやチラシで見かけてはいたものの、ただ将来のあこがれの存在だった新築一戸建てが、急に身近なものに感じ、現実的なもののように感じてきます。それをより現実化していく助けとして、これから新築一戸建て住宅の選ぶポイントについて案内していきます。人生の大半を過ごす「家」ですから、どうせなら自分の城に住みたいものですね。

一戸建てと賃貸住宅の違い

一戸建て住宅を買うということは土地と建物を購入し、所有するということになります。賃貸住宅でいうところの月々の家賃に当たるのが、あなたが支払う月々の住宅ローン代となります。この家賃に当たる月々の住宅ローンですが、これは最初に払う頭金の額によって変わってきます。最初に多く払うことができればそれだけ月々の支払額、または支払う年数は少なくなります。一方、賃貸住宅だと、いくら長年住んでこれまでたくさんの額を払ってきたとしても、所有することはできません。住んだ期間に関係なく退去すればそれで終わりになってしまいます。また、一戸建て住宅は住宅ローンが完済したあとは、月々払う家賃に当たるものを払う必要がなくなります。定年退職を迎える頃にちょうどローンが終われば、家計にとって助かることでしょう。ここが賃貸住宅との大きな違いになります。

建売住宅と注文住宅

しかし、いざ一戸建てを買おうと思っても、お店で買い物するようにすぐ購入するわけにはいきません。まず、一戸建ては大きく分けて建売住宅と注文住宅に分けられます。建売住宅は文字通り、建てて売る住宅、土地と建物がセットで売られている住宅です。実際にできた家を見て購入することができますし、また、まだ未完成の場合はモデルハウスを見て体験することができます。一方、注文住宅はこれも文字通り注文して建てる住宅です。土地探しから始まって、設計事務所や工務店を通じて自分のお気に入りの家を予算に合わせて作っていくことができます。

どちらがいいのか?

建売住宅と注文住宅それぞれに良さがあります。どちらがよいというのは購入の予算やニーズによるところが大きいと言えます。これから建売住宅と注文住宅それぞれのメリットについて案内していきたいと思います。それぞれの良さを知ってあなたの一戸建て選びの助けとなれば幸いです。